ビダンザビースト 金剛筋シャツ

ビダンザビーストと金剛筋シャツ、どちらも人気が高い加圧シャツなので、どちらにするか迷っている人も多いことと思います。

僕はビダンザビースト、金剛筋シャツのどちらも持っているので、この2つの加圧シャツの違いを比較してみたいと思います。

ビダンザビーストと金剛筋シャツの違い

ビダンザビースト 金剛筋シャツ
価 格 3,900円 3,980円
まとめ買い最低価格 3,097円 3,780円
材 質 テリレン82%

スパンデックス18%

ナイロン80%

スパンデックス20%

カラー 白・黒
サイズ M・L M・L
特殊加工 3D立体設計 なし

材質が違う

ビダンザビーストと金剛筋シャツの大きな違いは、主繊維に使用している材質が違うということです。

ビダンザビーストはテレリンを使用しているので「水着」や「スポーツインナー」のような少し光沢のある生地です。

これに対し金剛筋シャツはナイロンを主繊維にしていて、女性の「パンスト」や「タイツ」のような伸びる生地になります。

ビダンザビースト 金剛筋シャツ 違い

上の画像は、金剛筋シャツ(上)、ビダンザビースト(中)、普通のTシャツ(下)の大きさを比較したものです。

金剛筋シャツ(黒)は全体的に小さい作りになっていますが、伸縮するのでどんな体系でもフィットします。

これに対しビダンザビーストはある程度しっかりした形を維持しています。金剛筋シャツほど伸縮しませんが、3D立体設計で全身をバランスよく加圧する構造になっています。

ちなみに伸縮性の基準となるスパンデックスの配合率は、ビダンザビーストが18%、金剛筋シャツが20%と大きな違いはありません。

ビダンザビーストの方が着圧が強い

ビダンザビーストも金剛筋シャツも、着圧が強い加圧シャツと評価されていますが、実際に着用してみるとビダンザビーストの方が着圧が強いと感じます。

よくいわれているのが、ビダンザビーストを脱いだ時に着圧による跡が残るということ。特に袖の部分はしっかり跡が残るほどです。

スパンデックスの配合率は金剛筋シャツの方が多いのですが、上半身全体に強い圧力を掛けてくれるのはビダンザビーストの方だと思います。

金剛筋シャツも完成度が高い加圧シャツですが、着圧重視で選ぶのであればビダンザビーストの方がおすすめです。

まとめ買いはビダンザビーストの方がお得

ビダンザビーストも金剛筋シャツも定価はほぼ同じですが、まとめ買いを考えた場合はビダンザビーストの方がかなり安く購入できます。

6枚まとめて購入した場合、金剛筋シャツは1枚あたり3,780円です。これに対しビダンザビーストは、6枚購入すると1枚おまけのサービスがあり、1枚あたり3,097円と価格を抑えることができます。

金剛筋シャツは現在一番人気の高い加圧シャツですから、これを追いかけるビダンザビーストとしては価格面でもある程サービスを充実させる必要があるのではないかと思います。

着用したときの見た目が違う

これは好みの問題になるかと思いますので、着用したときの画像でイメージしてみてください。

こちらがビダンザビースト(白)

ビダンザビースト

で、こちらが金剛筋シャツ(黒)です。

金剛筋シャツ

個人的な意見になりますが、僕は筋肉隆々ではないこともあり、金剛筋シャツ1枚でトレーニングするのはちょっと恥ずかしいです。首回りの露出に少し違和感を感じるのは僕だけでしょうか?

特にホワイトカラーの金剛筋シャツは絶対に無理です(汗)

その点、ビダンザビーストはスポーツインナーのようなデザインなので、これ1枚でジムに行ってもそれほど違和感はないのかなと思います。

もちろんインナーとして着用するなら全然問題ないのですが、見た目を重要視する人の参考になればと思います。

ビダンザビーストの詳細はこちら

金剛筋シャツの詳細はこちら